「ブラックリストに載る」ってどういうこと?債務整理との関係とは

1 ブラックリストに載る場合

ブラックリストとは正式には信用情報機関への登録、という事態を意味します。
ブラックリストに載る典型例は、自己破産をしたような場合です。
つまり、金融機関等の債権者側が債権を回収できなくなったような場合や、
返済が遅延し、回収が遅れたような場合に登録されることになります。

 

また、任意整理・個人再生のようなケースであっても、債権者側が(適法の枠内ではありますが)、
最終的に損をしたような場合に、ブラックリストに登録される結果になります。
つまりは、基本的に債務整理手続きをとるとブラックリストに載ってしまうことは、覚悟しなければなりません。
但し、過払い金請求については例外であり、一時的にブラックリストに載ることはあっても、
短期間で削除されることになります(この場合は債務者が悪い、ということではなく、
金融機関が悪い、ということになり、信用がなくなる、ということにはなりません。)。
そして、ここで登録される情報は正式には事故情報と言い、
それがまとまっているものがブラックリストの正体です。

 

2 ブラックリストに載ることの効果

ブラックリストに載ってしまう、ということは、すなわち金融機関からの信用がなくなる、ということを意味します。
つまり、ブラックリストに載ってしまうと、まず、新規のキャッシングの枠を作ったり、
借入金の枠を増額したり、などということはまずできません。
新たな借り入れは基本的にはできない、と思った方がいいでしょう。
基本的に、債務整理を行っている人は、債務を圧縮して(自己破産の場合であれば債務を0にして)、
人生の再出発を図っている人なのですから、
借金をすることを前提にしない、
というのはある種当然の制裁ではあります(その分債権者である金融機関は損害を被っている、ということでもあります。)。
同様の理由でローンを組むことも困難です。
家や車のような高額な買い物はブラックリストに載っているような場合にはできないと考えるべきでしょう。
クレジットカードについても、基本的には現金ではない、信用取引を行うものですから、
信用を失っている以上、クレジットカードを使った売買やリボ払い等の分割払いもすることができない、ということになります。
また、他の人の借金の保証人にもなることができません。
保証人はあくまで債務者が支払いできない場合に、その支払いを担保する役割なのですから、
金融機関は信用がない人を保証人にしたくない、と考えるのも当然です。

 

3 ブラックOKの金融機関は要注意

ブラックリストOKと看板を掲げているような金融機関も存在しないわけではありません。
もっとも、上記の理由からして、
金融機関はブラックリストに載っている客には金を貸したくない、と考えているのが自然です。
にもかかわらず、金を貸してくれる、というのは金融機関としては不自然な姿勢といえます。
いわゆるヤミ金融、と考える方が自然でしょう。
すなわち、一旦借り入れするのはいいものの、違法な金利の設定であったり、
違法な取り立てであったり、というものが秘密裏になされる可能性を否定することができません。
基本的に、ブラックリストに載ってしまった場合には、
借り入れはできない、という原則をしっかりと認識しておく必要があります。

 

4 ブラックリスト掲載期間について

債務者がいつまでもブラックリストに載っているとすると、実生活において、色々と不便が生じます。
その状態については、基本的には5年間の経過でブラックリストからの削除、という運用がなされています。
もちろん、ブラックリストに載ることの態様が悪質である場合には、
10年間、あるいはそれ以上、という可能性もあります。